脱炭素社会の未来から考えた家づくり! 福山市 倉敷市

 フロンティアホーム  クレバリーホーム福山店 倉敷店  広島県福山市にある建築・不動産会社の社長の日記 

脱炭素時代を先取り!エネルギー自給自足の家造り!
365日昼も夜も太陽の光で暮らす家
中古再生住宅 土地分譲 賃貸住宅

ニュースレター7月号

sdg_icon_wheel_3-120x120
 梅雨ですがいかがお過ごしでしょうか?災害が起きるほどの大雨にならなければ良いですね!先日、矢掛町の不動産物件の調査に行った後にACOOPで買い物をしました。
 ちょっと変わった商品があって好きなお店なのですが支払いをしたレジの横の壁の高さ
1.8メートルぐらいのところに赤いテープが貼ってありました。よく見ると「ここまで水が来ました」という事が書いてあったのでレジの方に聞いてみたら、7月豪雨の時のことのようです。確かに矢掛町も酷い水害にあったと聞いていましたが、矢掛町の知り合いや建築させて頂いた方には被害は無く、小田川の南側だけだと思っていましたから本当にびっくりしました。あらためて被災された方にお見舞い申し上げます。水害に遭って住宅をリフォームするのは本当に大変です。被災されたご家族も生活の再建も大変ですが、住宅の再建も内部を解体して元に戻すのには屋根、基礎、サッシ、外壁を再利用するとしても新築するぐらい費用が必要です。水害の危険がある場所に住宅がある方は自動車保険や住宅損害保険を見直してもよいのではと思います。特にこの1 、2年住宅費の高騰が激しいですから数年前以前に加入した保険金額では賄えないかもしれません。
 災害時の避難場所、家族との連絡方法、非常時のための水、食料の確保など少しずつでも準備することが必要と言われていますね。なかなかできませんができることから始めたいと考えています。
 ガソリン価格や電気料金が上昇している現在、スマート2030零和の家の開発に携わっていて本当に良かったと思っています。太陽光発電システムや蓄電池は初期費用が必要ですが「自己資金ゼロ」でも始める事ができます。気になる方はご相談ください。
 先日、第 8 回「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」の受賞者が発表されました。
 「住宅 FC クレバリーホーム 台風対策パッケージ」が最優秀賞を受賞!「Smart2030 零和の家」が優秀賞を受賞しました。当社関係でダブル受賞ですね!めでたいです! 「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」は、国土強靭化政策に寄与する国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる企業・団体発掘・評価、表彰する制度として、2014 年 11 月に創設されました。住宅関係だけでなく、街づくりや感染防止対策まで幅広い分野の表彰制度です。
 町内会活動をされている方から言われましたが、町内会ごとに災害時の避難方法などを再確認する手順を作っているようです。何が起きるかわからないですから準備は怠らないようにしたいですね。

建築地が決まっている人の住まいづくりの成否は「調査」で決まる!?|【公式】クレバリーホーム

尾道市瀬戸田町の築6年の中古住宅リフォーム中!

326334C8-5702-49A9-9EF4-FD909CD311DE
 これから販売予定の中古住宅物件です。築6年ですが、本当に痛みがありません。綺麗に住んでいらっしゃったのでしょうね。
 本当に家事をされていたのか疑いたくなるくらい綺麗です!
 7月中には販売開始予定です! 
 長期優良住宅に認定されています。
 全館24時間換気、空調システムも設置。
 更に太陽光発電システムも4.4kw搭載されていますから、普通のご家庭だと実質的に電気代差し引き0円になるのでは無いでしょうか?
 こんなハイスペックな中古住宅はあまりありませんよ!
 お近くの方は是非来てご覧になってください。

#尾道市瀬戸田町  #中古住宅 #太陽光システム #書斎 #4LDK #長期優良住宅

新築住宅は全て高性能な住宅にしてもらいたい!

5B8AAA6D-10E2-4064-9F80-83AE1527D885


今朝の中国新聞より。
フラット35Sのことが強調されています。
ZEH ネットゼロエネルギーハウスこの政策として増やしたいと言うことです。
金利等で優遇されるようです。また住宅取得控除の控除されるパーセンテージなどを許されます。
国の住宅政策ですが考慮いかなければ達との社会は実現できないと考えているようです。

理想の土地を逃さないための住まいづくりのポイント|【公式】クレバリーホーム

【ROOMTOUR】街中狭小地でも楽しくゆったり5LDKの住まい

久しぶりの東京出張!

F398B255-CB79-489B-9A98-A438DC499E6D

 コロナのせいで出張自体がほとんどなくなっていましたが、久しぶりに出張でした。
 飛行機にも当分乗っていませんでした。
 久しぶりに空から見る富士山は雲をかぶっていました!
 

ニュースレター6月号

sdg_icon_wheel_3-120x120
 7月発売予定の日産の軽自動車でEVのサクラを注文してきました。ナビゲーションシステムやプロパイロットという機能をつけなかったのですが補助金をもらっての負担は、諸経費込みで2,000,000円程度でした。
 バッテリー容量は20キロ程度、一度に180キロメートルまで走行可能というカタログデータが出ていましたが実際にはエアコンを使ったり、バッテリーの寿命を長くするためにフル充電をしないようにするなどをすると100キロ程度しか1度の充電で走ることはできないとは思います。でも通勤や市内に買い物に行くのに使うだけだったら充分ですよね。
 バッテリーの容量も小さいので深夜電力の安い電気を使っても、200ボルト電源のEV充電用コンセントがあると4時間程度で充電できると思います。 深夜電力料金が1キロワットあたり15円とすると、リーフでも1キロワットで約6キロメートル走りますから、6キロメートル走るのに必要な金額は15円です。100キロメートル走るのに必要な費用は250円と予測しています。安く無いですか?例えば1リットルあたり20キロ走るガソリン車だと100キロ走るのに5リットルですから800円かかります。
 8年前は深夜電力料金が1キロワットあたり7円でしたからもっと安かったです。ガソリン車に乗るのがもったいなかったですね。 軽自動車は平均で年間8000キロとあります。ですから一年走っても数万円しか違いがないと言えばそうです。でも自動車税も自動車重量税も最初はかかりませんし、オイル交換も不要です。車検時に消耗品の交換なども不要ですので、車検代が安くついています。
 それにEVは加速がスムーズです。更にガソリン車と違い振動や音が無いから快適です。私個人の感想ですがリーフに乗っていた時は本当に運転して疲れるという事があまりなかったです。
 さらに災害時には非常用の蓄電池としても使えます。EVの電気を住宅で使うためのV2Hという機器を設置すると今年の場合最高で1,000,000円程度の補助金があります。詳しくはお問合せください。
 太陽光発電でEVを充電したり、その電気を夜間の電力に使うようにすると電気代は更に安くなりますし、災害時にも家が1番安心という生活ができます。
 テレビでガソリンが上がるとか電気料金が上がるというニュースが流れても我が家には関係ないと思える生活ができます。 脱酸素社会に向かっていますので、ほっといてもあと10年もしたら発売された車を見たらほとんどEVという時代になります。その時にどんな住宅が必要なのかは福山市千田町のモデルハウス、倉敷店のモデルハウスに行っていただいたら参考にしていただけると思います。ではまた来月に!

FacebookLIVEアーカイブ2022/5/1|日産アリア試乗しました|脱炭素時代に住宅はどうあるべきか


「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)

001-22
 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会は、4 月 27 日、都内会議場にて表彰式を開催し、第 8 回「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」の受賞者を発表しました。
 「住宅 FC クレバリーホーム 台風対策パッケージ」が最優秀賞を受賞!
「Smart2030 零和の家」が優秀賞を受賞しました。
 当社関係でダブル受賞ですね!めでたいです!
 「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」は、全国で展開されている次世代に向けたレジリ エンス社会構築への取り組みを発掘・評価、表彰する制度として、2014 年 11 月に創設されまし
た。強靱な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り
組んでいる企業・団体からエントリーを募り表彰しております。
 住宅関係だけでなく、街づくりや感染防止対策まで幅広い分野の表彰制度です。

 レジリエンスジャパンの詳細は下記のリンクでご確認ください!

 https://www.resilience-jp.biz/

 クレバリーホームの受賞内容は下記のリンクでご確認ください
 https://www.cleverlyhome.com/release/pdf/2022/20220428_2.pdf

 2030零和の家の受賞内容は下記のリンクでご確認ください
 https://sea-consulting.co.jp/20220428-2/
 
livedoor プロフィール

フジイ コージ

フロンティアホーム クレバリーホーム福山店 倉敷店

人気ブログランキングへ
Archives
  • ライブドアブログ