電気を買わない家造り! 福山市 倉敷市

 フロンティアホーム  クレバリーホーム福山店 倉敷店  広島県福山市にある建築・不動産会社の社長の日記 

エネルギー自給自足の家造りを提案します!
オフグリッドハウス
365日昼も夜も太陽の光で暮らす家
太陽光発電

住宅をEVステーションに!

今日の日産のチラシ!補助金について、うまくまとめられています!
 今年度からの補助金は単にEVを購入したら定額の補助金がもらえると言うわけではなく、住宅と連動するように設備投資をしている場合に最高額が補助されます。
 災害時に頼りになるEVの電力を自宅で使うための設備「V2H」を設置した場合には最大で60万円+設備の半額(最高75万円)+設備設置工事費(最大40万円)が経済産業省から補助されます。最大175万円になります。


 更に設置する住宅が太陽光発電システムを設置した電力自給自足の家だったら20万円多く補助金があります。EVの電力を自宅で使うための設備「V2H」を設置した場合には最大で80万円+設備の半額(最高75万円)+設備設置工事費(最大40万円)が環境省から補助されます。
最大195万円になります。



 2035年にはガソリン車の新車が無くなる予定です。EVステーションを自宅にしなければ電力不足になることは目に見えていますのでこのような政策が始まったのでしょう。
 クルマのあり方、住宅のあり方が変わります


ポルシェ911に水素ガソリン!

 今のガソリンエンジンにも給油できるeフューエルですって!
 びっくりしますね。
 風力発電の電気をCO2と合成して、ガソリンと同じ成分を製造するとあります。
 そうすれば現在ポルシェを所有するオーナーさんがEVの時代になっても車を廃棄したりEVに改造しなくて済むと言う事です。
 もともと価格の高い車のオーナーさんですから少々燃料が高くなっても買うでしょうね。
 そういえばブラジルではさとうきびから製造するバイオエタノールで車が走っていましたよね。EVの時代には電気に代わるCO2の負荷が少ない燃料が他にも製造されるかもしれません。
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/genroq.jp/2020/12/06/102302/%3Famp%26usqp%3Dmq331AQRKAGYAbyY9pegqdC68QGwASA%253D

FullSizeRender

住宅に太陽光義務化を!小泉環境大臣

やっぱりね!そうでもしないと脱炭素30年46%減なんて実現できませんよね!
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA22A2D0S1A420C2000000/

気候サミット!温暖化ガス削減目標を上積み!

FullSizeRender
 ますます太陽光や風力などの再生可能エネルギーの活用が必要となってくるのでしょうね。新築する住宅に対しては太陽光発電の設置がかつてドイツでそうであったように義務付けされるかもしれません。
 今日の新聞では他にもトヨタが水素で走る車でレースに参加すると言う事も記事になっていました。
 何かを劇的に変えないと達成できる数字とは思えません。
 具体的にどのような政策が打ち出されるか注目したいと考えています。
 少なくとも住宅ではガソリン車がEVに変わり自宅で充電ができるように推進されるのではないでしょうか。そういった未来を予測してそれに対応して商品開発を進めていかないとならないと考えています。
 「20300零和の家」の時代になるなと考えています。

ニュースレター5月号

 先日同級生から久しぶりに電話がありました。その彼が言うには「部下が大工さんに頼んで家を建つことにしているのだが、材木が高くなっているので大工さんから(今建つのはやめよう)と言われたけどそんなことあるの?」という電話でした。
 本当なのです!材木がすごく値上がっています。北米産の木材は原木ベースで倍近くになっているといっても大げさではありません。何故かと言うとコロナの関係で都市部から地方に移住しても仕事ができるので気候の良い場所や自分の親の近くに家を建てる人などがあり、さらにテレビのニュースでも見られますようにカリフォルニアの山火事で住宅が燃え緊急に家を建てないとならない人が多くいらっしゃいます。また中国でも建築棟数が増え大量に需要がある一方でカナダはマツクイムシが流行っており商品にならない材木が増えたなど、供給が減るのに需要が世界的に増えると言う事態になっています。もともと業界の情報では材木の供給が少なくなるので夏ごろには仕事があっても材料が入らないため仕事ができなくなる工務店が増えると言われておりました。実際に最初に述べたような電話があるとそれが本当だったんだと驚きます。この大工さんは逆に今建てないと来年まで建てることができないでしょうね。クレバリーホームの構造材は基本北欧から入れておりますからまだそれほどの影響はありません。こういうこともあろうと数の力を頼めるフランチャイズのクレバリーホームに加盟しています。お客様に最大限迷惑をかけないように対策していこうと思っております。
 さてもうすぐゴールデンウィークですが皆様ご予定はいかがでしょうか?
 我が家は二浪していた息子がやっと合格し家を出ましたので本来なら夫婦でどこか旅行でも行くところですが、コロナなので発生していない島根のあたりに行くかどうか考えております。
 しかしそれよりも実家の畑は父親が高齢になってもう耕作しなくなり耕作放棄地になっていますので連休中は畑の草刈りで終わってしまうのではないかと思っております。できたらなるべく手のかからない野菜でも植えてみようかと思っております。去年はきゅうりを6本植えたのですが結構収穫できました。自分で育てた野菜を食べるのは格別おいしいですね。他、ズッキーニは収穫できたのが二本。プチトマトとナスビは全然ダメでしたが、、。
 福山市周辺も倉敷・岡山もコロナがなかなか落ち着きませんね。
 皆さん健康に気をつけられてお過ごしください。

さすが晴れの国 電力自給95%

 今日の中国新聞が記事から。
 市内の全部どの建物の70%に太陽光パネルを設置し、作った電気を融通できたら岡山市の場合必要な電力の95%が賄えるとのことです。 
 福山も岡山と日照時間は変わりませんので、同じように太陽光パネルを設置して蓄電池やEVに電気を貯めるようにすれば、かなりの電気を賄えるでしょう。
 バーチャルパワープラントという仕組みですね。
 この場合蓄電池やEVに電気を貯めることもお金になると言うふうに企画もされています。
 電気の地産地消と呼ばれてきてましたがもうすぐですね。FullSizeRender

ニュースレター4月号

 暖かくなってきました!花見の季節ですね!
 コロナの問題が無ければ、本当に行事もたくさんありますし、行楽にも良い季節なのですが、今年はそうもいきませんね。卒業式も在校生は不参加、各種のイベントも自粛が続いています。ワクチン接種も始まりましたのでこの秋には収束して欲しいですね。都市部を除いてはかなり発生数が少なくなりましたし、都市部も減少傾向にはあります。東京オリンピックも開催の予定ですから、テレビで見るのを楽しみにしています!
 夜間の会食もこの1年間は月に一度くらいですね。以前は異業種交流会などで週に二回ぐらいは出歩いていたことが遥か昔のことのように感じます。重症化することが少ないとは言え、かかってしまうと周りに迷惑が掛かりますので注意しています。取引先の金融機関で一昨年「はしか」が発生して支店のメンバーが応援で来た人ばかりになったり、少し前にコロナの濃厚接触者が支店内でいたということで一斉に支店の職員は休み、職員は本店から全て来たということがありました。進行中の融資案件の審査が止まり、少し困ったことになりました。
 もしものことを考えて、モニターで体温測定できる機械を購入したり、お客様に出すお茶は紙パックのストローで飲むタイプに変えたり、苦労しています。でも広島県や岡山県では発生数が少なくなっていますので「あと少し頑張りましょう!」という気持ちになりますね!
 先日の3月11日で東日本大震災から10年でした。テレビで見た様々な映像を忘れることができません。コロナのこともそうですが自然災害の恐ろしさは本当に想定外の災害を引き起こしますね。
 特に原発の事故については、予測されていたことで、対策が後手に回っていたことから引き起こされたように感じますので残念でたまりません。
 そんなこともあって当社では太陽光発電の買取価格が下がっても、その買取価格でも得をする価格で太陽光発電システムを提供させて頂いております。蓄電池も「まだ高い、まだ早い」と言われても、「災害に強い家」を提供するのが住宅屋の責任と考えて開発してきました。家の構造は丈夫になっていて大地震で被害が無くても電源が無いと家に住めません。
 最後に残った問題は「水」ですが基礎の空間や敷地にタンクを置く商品などが開発されています。近所の井戸がある家と知り合いになっておくのも方法ですかね?
 ではまた来月!

脱炭素、更に目標を高く!

 しかし脱炭素の流れが止まりませんね!
 目標を決めるのは良いのですが、どうやって実現するつもりでしょうか?
 太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを拡充して実現できるのでしょうか?
 産業構造など、何から何まで変えないと実現しそうにありません。
 新築住宅には義務付けとか、補助金を支給して太陽光発電システムの設置を促進する政策は取られそうです。

日産がリーフの電池の再利用を加速!


今日の日経新聞一面に載っていました。
これはいいアイディアですね。蓄電池の価格も安くなるようです。当社でも展示用に古いリーフをいまだに所有していますがそのリーフでさえ蓄電池の容量は22キロワットあります。家庭用設置型の蓄電池はまだ百万円ぐらいかかりますので普及が見込めると思います。ただ家庭用の蓄電池の容量は法律で16キロ程度までしか認められていませんのでEV用蓄電池を分割するのでしょうか?詳しい続報を期待しております。
移動用蓄電池でしたらとりあえず上限は今販売されているEVの蓄電池の容量になります。
中古のリーフなら50万円以下でも売っていますのでそれらを買って登録せずに家に繋いでおけばとても安価なバッテリーとして使うことも可能です。もちろん住宅で使う場合もう1台の車を置くスペースが必要になりますが。
 小泉環境大臣は新築住宅を全てZEHにする方向の発言もしたようです。FullSizeRender

新築住宅もエネルギー源として太陽光パネルを設置するのが義務化される日も近いのかもしれません。

電力の脱炭素が加速

 毎日、再生可能エネルギーについて、このようなニュースがあります。この流れは止められないですね!
 福山市内を中心に公共施設300カ所に電力を供給。各施設の電力使用量の61%になるようです。全国的にも珍しいですね。
 今朝の中国新聞から。
FullSizeRender
livedoor プロフィール

フジイ コージ

フロンティアホーム クレバリーホーム福山店 倉敷店

人気ブログランキングへ
Archives
  • ライブドアブログ